問答も楽しいのです

歴史に詳しく、各地の城址や、歴史に登場する人物ゆかりの地を訪ね歩く女性たちのことを
「歴女」と言いますが、最近は、その訪問先である城址やゆかりの地に、
コスプレイヤーが待機しているケースが増えています。
どんなコスプレイヤーがいるのかというと、城であれば、その城主であったり、
第一夫人や家臣として仕えた武士たちです。
そういった集団には、大抵の場合「XX城おもてなし隊」などの名称がついていて、
城主や夫人などは煌びやかな着物姿で、家臣たちは鎧や兜を身につけた戦装束で出迎えてくれます。
もちろん、立ち居振る舞いや言葉遣いも、その時代に合った表現をしています。

観光客を集めて、合戦の再現をしたり、
その城址についてのクイズを行うなどもてなし方もさまざまですが、
観光案内としての面も備えているので、歴女と渡り合えるくらい知識の深い人たちもいます。
中には、歴史検定の「級」取得者もいるので遭遇した際はぜひ、説明や案内を受けてみてください。

また、城址やゆかりの地といった、実在の人物にまつわる場所ばかりでなく、
寺社仏閣へと続く山門前の商店街や、街道沿いの関所を再現した町並みなどにも、
その地が華やかなりし頃の町民や旅人を装った案内人が配置されているところが増えてきています。
そういった人たちもまた、その土地の歴史やその場所の成り立ちについての
知識が豊富な人が多いので、「コスプレをしている人がいる」と眺めるだけでなく、
昔話のひとつも尋ねてみてはいかがでしょうか。