髪はレイヤーの命

コスプレ用のウイッグは、短髪から長髪まで、色もさまざま用意されていますが、
そういった小道具に頼らず、自前の髪でキャラを演じている人たちも少なくありません。

最近では、茶髪や金髪だけでなく、ピンクや青など、キャラの髪もとてもカラフルになっていますが、
それでも、黒髪ロングヘアーキャラの人気は絶大です。
なので、コスプレイヤーの中には、あえて、他のキャラの時にはウィッグを使い、
地毛は黒髪のまま伸ばしているという人もいる程です。
長い髪は、ただでさえ手入れが大変ですが、
アニメのキャラのように艶のある髪を維持することは更に大変です。
それでも、日頃のケアを心がけ、美容室での手入れを欠かさないのは、
やはり演じるキャラに愛着があるからでなのでしょう。

また、自由がきくため、日頃からカラーリングをしているという人の中にも、
出来れば自分の髪のままコスプレをしたいという人は割といるようです。
ウィッグも改良が進み、アレンジもしやすくなってきていますが、
実際の人の髪程の自由度はないからかもしれません。
風になびく表現などは、ウィッグよりは地毛の方が自然に見えますし、
艶という点でも勝るのではないでしょうか。それも全て、日頃の手入れがあってこそでしょう。

自前の髪とウィッグを上手に使い分け、雰囲気のガラリと違うキャラを演じて見せるのも、
コスプレならではの楽しさですし、
コスプレイヤーであるあなたの魅力のひとつにもなるのではないでしょうか。