親子で楽しもう

近頃では、イベントの会場で小さな子供連れのコスプレイヤーを見かけることも多くなってきました。
親子で、ひとつの作品に出てくる親子や師弟を演じていたり、
最近では、子供だけがコスプレをしていて、親は付き添いというケースも少なくありません。

そういった、小さな子供の衣装は、サイズにばらつきが多いことから専門店での取り扱いも少なく、
そのほとんどが手作りのようです。
人気作品に出てくる子役のコスプレなどは、大人が演じるよりも愛らしく見えるばかりでなく、
あどけなさも手伝って、イベント会場などでは常に人気者ですから、
それを作って着せる親御さんも、そんな光景を楽しみにしているのかもしれません。

子供はもともと「ごっこ遊び」が好きなので、何を教えるまでもなく、
好きなキャラクターの衣装を着せられると自然とテンションが上がり、
お気に入りのセリフなどをポーズ付きで披露してくれるので、
カメラマンも、見ている人たちもつい和んでしまうようです。

中には、親がコスプレを楽しんでいたことから一緒にイベントに参加し、
今では、自分で衣装を手作りして友達と参加しているという人たちもいます。
ヒーローやヒロインになれた経験は、とても楽しいものだったのでしょう。

ただ、小さな子供の衣装は、露出の少ないものを作り手が心がけてあげること、
会場では、常に目を離さないことが大切です。
自慢の娘・息子が楽しい時間を過ごせるよう、そういった会場では、
いつもの公園以上に気をつけてあげることが大切なのです。

将来、想い出のひとつとして語り合う日を想像しつつ、
親子でコスプレ写真を撮ってみるのもいいのではないでしょうか?